怪々大行進058 暗殺宇宙人ナックル星人
帰ってきたウルトラマン 第37,38話登場
原型制作・森下要  完成品制作・つやつやみお

1/6(30㎝サイズ)キャストキット  全13パーツ 20000円

2014年2月発売 2019年冬ワンフェス再版

コイツは悪い。坂田(兄)を車ではね、坂田(妹)を車から突き落とす。無残に路上に転がる二人のカットは子供の頃すさまじい衝撃でした。
ですが何を造ろうかと迷っていたところ、ふとナックル星人って面白いデザインだな~と思ってしまい、制作に至りました。
悩んだのはポージングでした。
最初は変身の時の腕を前に組んだポーズにしていたのですが、どうも胸を隠して「いや~ん」な感じで…ボツ。ブラックキングとウルトラマンの戦いを少し高いところから見下ろしているポーズにしました。      (森下要)

塗装レシピ(つやつやみお)
ミスターカラーとエアブラシを使用しています。

①グレーサフを下地に吹きます。
②ボディはMrカラーのつや消しホワイトを全面に吹きます。
③顔はMrカラーマホガニー+フラットベースを吹きます。
 顔の口横のシワ(凸部分)は青色なので、Mrカラーのミディアムブルーを筆で、
 体の赤いボタンみたいな所は、普通のレッドに少しだけ黒を入れた物を塗ります。
 その後、赤いボタンのような物の中央だけに普通のレッドをエアブラシで吹きました。
④顔部分はタミヤエナメルのフラットブラックを、体はタミヤエナメルのパフ(多め)+フラットアースを、体の毛部分はタミヤエナメルのフラットフレッシュ(多め)+フラットアースを全体的に塗りつけます。
 赤いボタン周りや太ももの一部にエナメルのフラットブラックを少しだけ塗ります。
 その後、エナメル溶剤で全部拭き取ります。
 (そうしたらシワのモールドだけに色が残り、凹凸が強調されます)
⑤組立、接着します。隙間はエポパテやモデリングペーストで埋めます。
⑥接着した部分や隙間を同じように塗って、またエナメルで汚し塗装をします。
 (面倒ならMrカラーで同じような色を作って塗ってもあんまり変わらないです)
⑦透明パーツの目の一番高いところや口のとがっている部分等、光る部分にMrカラークリアーオレンジを吹き、その後、周りにMrカラークリアレッドを吹き付けます。
⑧顔の透明パーツを付ける部分に、透明パーツより少し小さめにMrカラーつや消しホワイトを塗ります。(こうすると透明が光ってるように見えます)
⑨塩ビ版を顔のキットの上に載せて、油性マジックで形を取りカットした後、シンナーで油性マジックを消し、木工用ボンドで貼り付けます。
 (木工用ボンドは最初白いけれど、乾くと透明になります)
⑩仕上げに丸い赤いボタンの周りをcopic(コピック)というアルコールマーカーの黒や灰色で
 汚しました。
⑪できあがりです。 よければ参考にしてくださいね。

ⓒ円谷プロ ⓒかなめみお